外資系は憧れる場所!?

外資系と聞くとワールドワイドを想像する人も多いでしょう。そういった意味では憧れる就職先だと思います。日本だけでなく世界に会社を構えているので規模はかなり大きいものになり、外資系に勤めている人は大会社の一員という自負も出てきます。知名度が高い会社が多く大学生の就職活動では毎年人気を集めています。

外資系に求められるスキル

外資系で働く以上、コミュニケーション能力は必須です。世界中の人たちが仕事仲間であり取引先でもあるので言葉や表情はとても重要になります。ただ、日本企業だろうが外資系企業だろうが会社の存在理由はそんなに変わるものではありません。世の中の役に立つ・社会貢献をすることで会社は成り立っているので、世の中をより良くしたいと思う気持ちと人間力が特に問われるのではないでしょうか。外国の本社より日本法人・日本の店舗を素晴らしいものにしたいと情熱を注げる人材が欲しいですよね。

どうやったら外資系で働ける?

いま、中小企業に勤めている場合、外資系の転職は難しい部分があります。規模が小さく、大手企業に勤めている場合と比べて正当な評価がされにくいためです。とはいっても、優れた能力を発揮していたら取引先などの目に留まることはあります。ヘッドハンティングされる可能性は十分に考えられるでしょう。自分の仕事ぶりを社内外しっかりとアピールすることです。大手企業に勤めているならば、ステップアップとして外資系を中心に取り扱っている求人情報を頼ることがよさそうです。

外資系企業では、スピードと結果を求められます。そのため外資系求人では、仕事を効率よく論理的にこなせる人材が求められています。

Back to Top