忍耐力と継続する持続力を身に付ける

一口に工場の仕事と言っても、業種によって業務内容はそれぞれ異なりますが、その大半が同じ作業の繰り返しとされています。単純作業とも言われるこの業務は、その都度新しい仕事を覚える必要がないので、コツを掴んでしまえば誰でも続けられるのがメリットです。

しかし単純だからこそ飽きやすく、ある程度仕事に慣れてくるとそれが苦痛になってしまうこともあります。特に何をやっても長続きしない飽きっぽい性格の人はこうした繰り返しに精神的苦痛を感じて辞めてしまうケースも少なくありません。

工場の仕事は能力よりも忍耐と継続する力を求められます。そのため、プライベートも含めて常日頃から一つのことをやり遂げることを習慣にして、忍耐力を養っておくことが必要です。

夜勤を含めた仕事のストレスを上手に開放する

24時間生産ラインが絶え間なく稼動している工場の場合には、日勤と夜勤の2種類の勤務形態が取られます。どちらか一方だけであれば問題はありませんが、交互に両方こなすことが求められる場合に気を付けなくてはいけないのが体調管理です。

昼と夜で仕事の時間が真逆になるため必然的に生活のリズムが崩れてしまうのは避けられません。こうしたサイクルの乱れは、ストレスが溜まるのはもちろん、思うように睡眠が取れずに寝不足状態によって仕事で大きなミスをしてしまう原因になります。日勤と夜勤の両方をこなすコツは、生活のリズムを変えないことです。

夜勤の日は数時間程度の仮眠に留めて、それ以外を趣味の時間に当てる。これにより、生活のリズムを崩すことなくストレスも発散することができます。

日総工産の公式サイトはこちら

Back to Top