押さえておこう!トラックとトレーラーの違い

同じ大型車両のイメージがあるトレーラーと大型トラックですが、よくみると違いがあります。違いを押さえておくことで、自分に合っている仕事かどうかを考える目安になります。

まず大型トラックはほとんどの現場に入ることはできますが、トレーラーは入場できる現場の数が限られてきます。これは直接仕事の量にも影響を及ぼしますので、覚えておきましょう。一方トレーラーの運転手は、外車のトラックに乗れる可能性が高いです。寝台も広く、居心地がいいといわれています。またトレーラーは大型トラックと比べて、死角が多いことでも知られています。運転に関しては経験による「勘」を頼りにしなければいけないため、視覚による確認を重視して運転する人には向かないかもしれません。

トレーラーの運転に向いている人はこんな人!

トレーラーの運転手に向いている人は、稼ぎを重視して仕事のきつさに耐えられる人が挙げられます。一般的に大型トラックよりも割高な賃金報酬が期待できます。他にも、運転スキルアップを目指したい人にも向いています。大型トラックよりも確実に難しい技術を求められます。トレーラーの運転をマスターすれば、かなり幅広い車両を運転することができるでしょう。最後に、特殊な荷物を運ぶ経験をしたい人にも向いています。例えば煙突や電車の車体など、他の車両では絶対に運べない荷物を扱うことができます。

トレーラー運転手の仕事をよく考えたほうがいい人

予測運転が苦手な人は、トレーラーの運転がかなり難しいと言われています。またせっかちな人も、あまり向いていないかもしれません。大型トラックで擦ったりぶつけたりの事故が多い人も、乗りこなすのは難しいでしょう。

トレーラーの求人は、引越、配送、中・長距離ドライバーの募集をしています。月収も45万円前後と高収入の求人です。

Back to Top